はっぴいえんどのブログ
読書日記 第25回 『老いてこそ生き甲斐』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 昨日のブログでも書いたように(2/1UP「石原慎太郎さん死去」)、今回の読書日記は石原慎太郎さんの作品を取り上げたいと思います。 次回も石原作品を取り上げよう […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第24回 『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今回の読書日記は荻上チキ著『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』です。 この作品は2012年に発表されました。 もう10年経ったんですね。驚きです。 […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第23回 『くすぶり中年の逆襲』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 新年最初の読書日記。 年末年始は家で過ごしていたわけですが、家にこもってラジオを聴く傍ら読書をしていました。 今もなお楽しみながら読んでいる作品があるのですが […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第22回 今年読んだ“最高本”

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今年最後の読書日記です。 この連載ブログを書くにあたり、過去の読書体験から引いた作品と今年読んだ作品と混在することになりました。 どういう形がベストなのかはい […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第21回 『ばらまき』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今回紹介する本はこちらです。 中国新聞「決別 金権政治」取材班『ばらまき 河井夫妻大規模買収事件全記録』です。 年末の広島の書店ではこの本が平積みで大々的に並 […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第20回 『講談入門』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今日(12/17)は広島は風が強く、とても寒いです。 先ほどはっぴいえんどの周辺は雪が舞っていました。 今年最初の雪です。 今晩は雪が降るという予報です。 明 […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第19回 『地震と独身』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今回の読書日記は2014年の作品ですが、とても印象に残っている作品を紹介します。 酒井順子著『地震と独身』です。 文学や音楽などのいわゆる表現は世界や歴史の中 […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第18回 『2016年の週刊文春』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 1日遅れの読書日記です。 今回取り上げるのは柳澤健著『2016年の週刊文春』です。 著者の柳澤健さんは元文藝春秋社出身のノンフィクションライターです。 かつて […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第17回 『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今回取り上げるのは鈴木忠平著『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』です。 最近、本屋さんでも平積みで目立つところに置いてあって話題の本となっているよ […]

続きを読む
はっぴいえんどのブログ
読書日記 第16回 『千里眼』

こんにちは。広島で遺品整理業を営むはっぴいえんどの西本です。 今回取り上げるのは松岡圭祐著『千里眼』です。 ご存知の方はいらっしゃるでしょうか。 この作品は1999年に最初の作品が書かれたシリーズものです。 累計450万 […]

続きを読む